青汁を毎日続けよう!

青汁イメージ

青汁の成分と腎臓の機能との関係

青汁には豊富な成分が含まれているため、健康に良いさまざまな効果を感じることができる健康食品です。
主に含まれている成分としてルテインやβーカロテンやビタミンといった抗酸化成分が豊富に含まれています。
その他にも食物繊維やミネラルといった栄養素も豊富に含まれているのが特徴になります。
そのため、これらの成分が健康に良いさまざまな効果をもたらすことができます。
青汁の様々な効果について詳しくはこちらをご覧ください。
また、青汁選びのポイントはこちらを参考にしてください。

しかし摂取してはいけない場合があります。



それは腎臓の機能が止まっている病気の人です。
腎不全と言い、腎臓で老廃物を排出することができない病気になります。
腎不全は水分の摂取の制限、カリウムとリンの摂取の制限があります。
それは腎不全が水分やカリウムやリンを排出することができないため、体に溜め込んでしまい、さまざまな悪影響を起こす要因となるからです。
青汁を摂取することは、この制限を破ってしまうことになり、かえって腎不全の人には体に悪影響を起こす結果を招きます。
まず水分として摂取する場合、腎不全には水分制限があります。
腎不全の場合、水分を自力で排出することができません。
そのため摂取した水分を全て体に溜め込んでしまうことになります。
それは体重の増加と共に心臓に負担をかけることにつながります。
次にカリウムとリンの摂取の制限です。
リンは主に乳製品や肉や魚に含まれている成分になります。
問題はカリウムです。
カリウムは主に生の野菜や果物に多く含まれている成分になります。
腎不全の場合、カリウムを摂り過ぎると心臓の機能を低下させることになります。
心臓の機能の低下は最悪の場合、心停止になります。
さらに心臓の機能の低下は、動機や息切れといった症状を起こすこともあります。
何故なら腎臓で余分なカリウムを排出させることができないからです。
健康な人であれば、カリウムは体内の余分な塩分を排出させる働きがあるため、積極的に摂取することが推奨される成分になります。
カリウムは生の野菜や果物に多く含まれている成分になります。
そして青汁にも含まれています。
そのため腎不全の人は水分として飲むこともあり、飲んではいけない健康食品の一つになります。
カリウムは水に溶けだす特徴のある成分になります。
生野菜は一晩水に浸すことでカリウムが水に溶けだし食べることが可能になります。
また湯に通して料理することで食べることも可能です。
ただし電子レンジは全ての栄養素を逃がさないため、使用できません。
健康食品として人の体にさまざまな良い効果を与える青汁ですが、主に水分として摂取し、成分の中にカリウムが含まれています。
そのため腎不全の人は飲むことができないという認識が必要になります。
青汁の比較サイトがありましたので参考にしてください。
また、こちらのサイトでは青汁選びのお手伝いをしてくれるようなのでよかったらご覧ください。

また、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養豊富な青汁サプリメントの選び方ランキング
というものもありましたので、よかったらご覧ください。

青汁には育毛効果もあるようなのですが、加齢に伴い薄毛に悩んでいる方は育毛剤も一緒に使うと更なる効果が期待できると思います。
こちらに部分ハゲバーコード禿げ、頭頂部の円形脱毛症、生え際後退などに発毛促進効果が期待できる食べ物やサプリメント、口コミで評判の男性用と女性用の育毛シャンプーや育毛剤ランキングがありますので参考にしてください。